【3ヶ月間無料!】6,500万曲が聴き放題! クリックして見に行く

【高校生ラッパー】空音(そらね)とは?経歴やおすすめ曲をご紹介!

近年話題の高校生ラッパーといえば、さなりもそうですが空音もそのひとりですね!


2018年に公開した『planet tree』が話題を呼び、2019年に公開したEPがiTunesのラップチャートで1位を獲得しました。


2020年で19歳になる空音は、ポジティブなリリック心地の良いサウンドで絶大な人気を誇る、次世代期待のラッパーです。


そこで、今回は空音について

・空音とは?
・空音のおすすめ曲


を中心にご紹介します!

クリックで飛べる目次

空音(そらね)とは?

https://www.instagram.com/p/CAYDY-BFinb/?utm_source=ig_web_copy_link

空音の基本的なプロフィールは以下の通り。

・名前 空音(そらね)
・本名 空音が本名
・年齢 19歳(2001年1月4日生まれ)
・出身 
兵庫県尼崎市


空音は2001年に兵庫県尼崎市で生まれました。


空音は小学2年生から高校2年生までダンススクールに通っていて、そこで養ったリズム感が今、生きているといった感じですね。


高校時代には地元でサイファーをしたりしてフリースタイルの腕を上げ、『高校生ラップ選手権』に出場し話題を呼びました。


高校卒業後は音楽一本で活動することを決め、確定していた内定を辞退し、SNSを中心に楽曲作成に励んでいます。

空音(そらね)には彼女がいる?

2019年のインタビューで、空音は彼女がいることを明かしています。


彼女は看護の専門学校に通っている学生さんです。


空音のEP『Love ya all』は彼女に向けて歌っている曲だと語っています。

ボブのアイコン画像ボブ

彼女の存在が少なからず空音の音楽に影響を与えていますね。


空音(そらね)はドラムもやっていた?

空音は高校時代、ラップをやりながら軽音部でドラムもやっていました。


担当はドラムで、空音の好きなアーティストである『ゲスの極み乙女』『クリープハイプ』などをカバーしていました。


しかし、バンドよりもサイファーでのフリースタイルにハマり、最後の方はほとんど参加していなかったそうです。

ボブのアイコン画像ボブ

やはりバンドのリズム感が生かされていますね


空音(そらね)は高校生ラップ選手権にも出場!?

空音は2018年に開催された、第14回高校生ラップ選手権にも出場しています。


結果としては惜しくも一回戦で負けてしまいましたが、独特なグルーヴ感を持ったフロウで大きなインパクトを残しました。


しかし、即興生の高いバトルよりも、じっくり時間をかけて仕上げていく方が向いていると思い、音源制作に力を入れているそうです。

空音(そらね)のおすすめ曲

空音 / Hug feat. kojikoji

若者を中心に絶大な支持を得ているkojikojiを客演に迎えた一曲。


空音の心地良いグルーヴ感とkojikojiの高い声がマッチしていて相性抜群ですね。


この曲は、『Hug feat. kojikoji』のアルバムバージョンで、空音、kojikojiが新たにボーカルを録り直したスペシャルなバージョンです。

空音 / Brighter

アップテンポが気持ちよく中毒性のある一曲。


リズム感が良く、hookは爽快感があって聴き心地が最高です。


さらに、リリックにメッセージ性があり、メッセージとリズム感のバランスがちょうど良い一曲となっていますね!

空音 / Girl feat. kojikoji 

MVが特徴的な空音の新曲!


Hugもそうでしたが、空音とkojikojiの相性がとっても抜群ですね。

ボブのアイコン画像ボブ

この2人のコラボには今後も期待ですな!


空音(そらね)とは?:まとめ

数々の客演にも呼ばれ、ライブや音楽活動で目にすることが多くなっている空音。


独特かつポジティブなリリックが持ち味の空音に、今後も大いに期待ができそうですね!


気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!


関連記事 【ラッパー】MIYACHI(ミヤチ)とは?経歴とおすすめ曲をご紹介!
関連記事 Tohji(トージ)とは?経歴とおすすめ曲をご紹介!【実は高学歴!?】

クリックで飛べる目次
閉じる