今話題のマネしたくなるラッパーのファッション10選 ≫確認する

【高学歴ラッパー】KREVA(クレバ)とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

2002年にはKICH THE CAN CREWの一員としてNHK紅白歌合戦への出演も果たし、ヒップホップアーティストとしては珍しい経歴をもつKREVA


他アーティストとのコラボやレーベルの立ち上げなど、KREVAは日本においてヒップホップカルチャーの広まりに大きく貢献したアーティストのひとりです。


今回は、そんなKREVAについて

・KREVAとは?
・KREVAのおすすめ曲


を中心にご紹介いたします!

クリックで飛べる目次

KREVA(クレバ)とは?

アーティスト名KREVA(クレバ)
本名畠山貴志(はたけやまたかし)
年齢45歳(1976年6月18日生まれ)
身長178cm
血液型O型
高校都立国際高校
出身地東京都江戸川区
レーベルSPEEDSTAR RECORDS


1976年に青森県で生まれ、東京都で育ったKREVAがヒップホップに目覚めたきっかけはダンスブームでした。


確かに、KREVAが中学生であった1990年前後はちょうどストリートダンスがテレビ番組で扱われるようになった頃です。


全国の中高生がダンスブームに乗っかったのと同様にKREVA自身もダンス、DJ、そしてヒップホップにのめり込んでいき、やがて日本を代表するラッパーにまで成長しました。

¥2,095 (2021/09/20 16:47時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング





KREVAの名前の由来

KREVAという名前は、英語の「Clever」からきています。


高校の受験勉強をしているときに「Clever」という単語の「ずる賢い」という意味を気に入ってこの名前にしました。


それ以外特に意味はないそうです。

KREVAの学歴は慶應義塾大学

KREVAは都立国際高校を卒業後、慶應義塾大学環境情報学部へ進学しています。


そういった環境にあったからこそ、KREVAには不良要素が少なく、のびのびとしたラップが生まれているのかもしれません。

都立国際高校は留学生や帰国女子が多く通い個性を尊重する学校、慶應義塾大学は言わずと知れた名門校です。


KREVAは結婚している?子供はいるの?

KREVAは2008年1月に4年近く交際していた一般女性と結婚しています。


相手は一般女性でKREVAのひとつ年上です。


Twitterやラジオの発言からは穏やかな生活を語っており、KREVAの音楽に表現されている実直なイメージを裏切らない私生活を送っているようです。


子供は女の子を2人授かっています。

KREVAの自宅は豪華?

KREVAの自宅には防音設備を備えたスタジオがあります。


この設備を作るのに1000万円は軽くかかりますね。


スタジオひとつをみてもKREVAの自宅はかなり豪華なものとなっています。

KREVAのファッション

KREVAはなかなか難易度の高いモード系のファッションを好むことでも知られています。


特にスニーカーを始め、Yohji Ymamotoadidasのコラボによるファッションブランド「Y-3」をとても愛用しています。


KREVAは従来のダボっとしたファッションではなく、スタイリッシュにセットされた髪型も含め、ビジュアル面でも一味違ったヒップホップを見せてくれます。




KREVAの車はFIAT 500?

ヒップホップのミュージックビデオといえば高級車が多く登場することが多くありますが、KREVAもまた車とは無縁ではありません。


2012年にリリースされた17枚目のシングル「OH YEAH」のミュージックビデオに登場する鮮やかなピンク色のFIAT 500は非常に印象的な車です。


クライスラーのイベントでライブを行ったともあるKREVAですが、楽曲やリリック、ファッションまで、従来のヒップホップのイメージとは異なるスタイルを築いてきたアーティストだからこそ、プライベートでの愛車も気になるところです。


KICK THE CAN CREWの活動休止

2004年にKICK THE CAN CREWの活動休止を発表しソロ活動を開始したKREVAは、2005年にSONOMIと共に自らのレーベル「くレーベル」を立ち上げます。


自らを「新人クレバ」と表現しアルバムタイトルにもしていたことからも当時の覚悟が伝わってきます。


KREVAの楽曲でもよく描かれるように、自分のやりたかったスタイルはソロでの活動なのでしょう。




KREVA(クレバ)のおすすめ曲

KREVA / 音色

9月8日を「クレバ‍の日」と称してリリースされたKREVAのデビュー曲でもある「音色」は、シンプルに韻を踏むことでラップに興味が無かった層にも受け入れられ、KREVAのシングルの中でも人気の高い楽曲となりました。


お店でかかっていることも多かったため、聴いたことある方も多いのではないでしょうか?

KREVA / イッサイガッサイ

KREVAの代表曲を挙げれば必ず入ってくるであろう一曲が「イッサイガッサイ」です。


KREVAを知らなくても一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。


ラップでありながらアコースティックギターの音も緩やかに入っており、ヒップホップ好きに限らず多くの人々を引きつけた一曲です。

KREVA / タンポポ feat. ZORN

2020年10月14日にリリースされたZORNとのフィーチャリング曲。


リズミカルなバースにふたりのラップスキルがバチバチに光る一曲。


コメント欄には「年少の独房にいた奴と慶応卒業した奴がクロスオーバーするのは、裁判所かrapくらいでしょ。」というコメントがあり、多くの共感を生んでいました。

KREVA(クレバ)とは?:まとめ

学生時代に自らが見出した道を駆け抜け、今や国民的ラッパーとなったKREVA


ヒップホップを身近な存在にしてくれた第一人者でもあります。


これからも目が離せないラッパーのひとりです!気になった方はぜひチェックしてみてください!


関連記事 ZORN(ゾーン)とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!
関連記事 【元ホスト?】釈迦坊主とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる