【無料登録期間中】7,000万曲以上が聴き放題! 対象か確認する

KEIJUとは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

KEIJUとは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

ラップクルーKANDYTOWNの中心メンバーとしても活躍するKEIJU


2016年にはソロアルバムを発表し、2017年にはメンバー初となるソロメジャーデビューを果たしました。


今回は、そんなKEIJUについて

・KEIJUとは?
・KEIJUのおすすめ曲


を中心にご紹介いたします!

クリックで飛べる目次

KEIJUとは?

アーティスト名KEIJU(ケイジュ)(旧MCネーム YOUNG JUJU)
本名啓寿(けいじゅ)
年齢29歳(1992年)
身長
血液型
高校
出身地東京都世田谷区
レーベルソニー・ミュージックエンターテイメント
公式サイトhttp://keijutokyo.com/


KEIJUの両親は共に音楽が好きだったこともあり、小さい頃から音楽に触れる環境が身近にありました。


映画が好きで「8mile」「狂気の桜」からラップに興味を持ち出し聴き始めたと語っています。


高校時代にラップクルーBANK ROLLのメンバーYUSHIに背中を押されたのがきっかけで、他の仲間を集めてYaBastaというラップクルーを結成します。


高校卒業前に親から「このままだとダメだから海外に行け」と言われ、卒業後、約1年半サンフランシスコに留学します。


滞在中に遊びにきたIOから「東京で曲を気に入ってくれたレコード会社の人がいる」と聞き、東京に戻り本格的にラップ活動を始めます。


2014年、「KOLD TAPE」を発表したのをきっかけにBANK ROLLYaBastaが合流し、ラップクルーKANDYTOWNが結成されます。


クルー活動と並行してソロでも楽曲を発表したり、2017年にはメンバー初のメジャー契約を結びます。


2020年7月にはアルバム「T.A.T.O」をリリースし、ますます期待ができるラッパーです。

KEIJUの名前の由来は本名の啓寿(けいじゅ)から来ています。






KEIJUの彼女

KEIJUに彼女はいるのでしょうか?


ネット上ではシンガーソングライターのaymと付き合っていたという噂がありましたが、公式での発表は一切ありませんでした。


2019年のKANDYTOWN出演のラジオ番組で、メンバーの呂布が結婚したという話が出たときに、

呂布

次はKEIJUかな?

という会話を交わしていることから、長年付き合っている彼女がいるのではないかと思われています。


ちなみに、KEIJUはインタビューで「彼女と音楽の趣味が合う方が良い?」と質問され、

KEIJU

ヒップホップを知らない女の子が一番ちょうど良い


と答えています。

KEIJUのファッション

KEIJUの愛用ブランド


KEIJUは従来のラッパーのオーバーサイズのストリートスタイルとは真逆で、洗練されたタイトなサイジングのファッションが特徴的です。


10代の頃、ラッパーのB.Dが店長だったアパレルショップで働いていたKEIJU「自分の言葉に意味を持たせたいならファッションも勉強するべき」と教えられました。


また、サンフランシスコに留学していた時、スケーターがスキニーを履いていたことに衝撃を受け、よりラッパーのファッションについて考えるきっかけとなったといいます。


KEIJUはファッションモデルなども務めていて、ファッションに対してのこだわりが垣間見えます。

KEIJUのタトゥー

KEIJUは派手にタトゥーを入れていませんが、SNSでは、左腕の外側にワンポイントのタトゥーを入れたKEIJUの姿が確認できます。


左腕には「south park」という文字が刻まれています。


これの意味は、おそらくですが、YaBastaの前身が「SOUTH PARK」という名前のクルーだったからではないかと思われます。


このタトゥーを彫ったDEEというアーティストは、ANARCHYYZERR¥ellow Bucksなど、多くの有名ラッパーのタトゥーを手掛けています。

KEIJUの髪型

KEIJUの髪型は、サイドフェードが美しい短髪です。


髪の色はシルバーに近いアッシュに近いカラーを入れたりするなど、スタイリッシュな髪型が特徴的です。


旧名YOUNG JUJU時代は、"編み込み"などをしていることが多かったですが、KEIJUはかなりシンプルなスタイルが印象的です。

KEIJU

ファッションはシンプルで、誰も知らない方がいい


KEIJUのシンプルな髪型にも、彼の信念やこだわりが感じられます。

KEIJUがラップを始めたきっかけ

両親の影響で小さい頃から音楽に囲まれながら生活を送っていたKEIJUは、兄の影響もあり、小学生の時からMDプレーヤーやCDウォークマンを持っていたほど興味がありました。


また、先輩の家に遊びに行った時にかかっていたHIP HOPや映画「8mile」「狂気の桜」などからラップを聴くようになりました。


そして、高校時代に地元の先輩ラッパーとして憧れていたYUSHIに、ラップをやってみたらと誘われたことがきっかけで、KEIJUは本格的にラッパーとしての活動を始めました。

KEIJUが憧れていたYUSHIの存在

YUSHIは、バンド「ズットズレテルズ」や「KANDYTOWN」に所属していたラッパーです。


才能あふれる頼れる存在としてKEIJUやその仲間たちから慕われていたYUSHIですが、2015年に亡くなってしまいます。


生前、彼はKEIJUにとってお兄ちゃん的存在であり、ずっと彼の後をついて回るほど憧れの存在でした。


彼が亡くなってしまったことが大きなきっかけで、本気でラップで売れたいという意思を強くしたといいます。

YOUNG JUJUからKEIJUへの改名

ラップを始めた当初は、YOUNG JUJU(ヤングジュジュ)という名前で活動していました。


2017年にソニーミュージックと契約を交わしたタイミングで、MCネームをYOUNG JUJUからKEIJUに改名しました。


KEIJUの名前の由来は、本名の読み方をそのままローマ字表記にしているということです。

KEIJU所属のラップクルーKANDYTOWNとは?

KEIJUが所属する「KANDYTOWN」は、東京都世田谷区の地元の仲間たち16名で構成されています。


クルーの人数を「16人」と公式発表しているのは、亡きラッパーYUSHIも16人の中に入っているという意味が込められています。


クルー名については、

KEIJU

諸説ある


と語っています。


彼らが遊ぶときに、世田谷の喜多見によく集まっていて、喜多見のイニシャルを取ってK-TOWNと呼んでいたところから決まったということです。

KEIJUのメジャーデビューアルバムは「T.A.T.O」

KEIJUは2020年7月29日にファーストアルバム「T.A.T.O」をリリースしました。


彼がソニーミュージックと契約を結んでから初のアルバムです。


アルバム名「T.A.T.O」の意味は、Tiny Anthem,Tiny Oracle(訳:小さな讃歌、小さな神のお告げ)という言葉の頭文字をとったものです。


このアルバムはKEIJUの飛躍を感じさせてくれるものとなりました。

KEIJUのおすすめ曲

KEIJU – Hold You Down feat. MUD

アルバム「T.A.T.O.」に収録された一曲。


軽快なトラックにKEIJUの優しいラップが抜群にマッチしています。

KEIJU – Remy Up feat. IO 

こちらもアルバム「T.A.T.O.」に収録された一曲。


KANDYTOWNIOとフィーチャリングしています。


KEIJUがファッションブランドPIGALLEのバックアップの元、メジャーデビューイベントを行った時にも披露された曲で、リリースを待ち望んでいるファンも多かった曲です。

KEIJU - Let Me Know

2018年5月にリリースされたKEIJUのファーストシングルです。


MVディレクションは木村太一が手掛けています。

KEIJUとは?:まとめ

ラップクルー「KANDYTOWN」としてもソロでも大活躍中のKEIJU


従来のラッパーとは少し違った持ち味を武器に、今後もますます期待ができるラッパーです。


気になった方はぜひチェックしてみてください!


関連記事 クボタカイとは?おすすめ曲や経歴をご紹介!
人気記事 【舐達麻】バダサイの愛用ブランド7選!【なめだるまファッション】

KEIJUとは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる