【3ヶ月間無料!】6,500万曲が聴き放題! クリックして見に行く

【ラッパー】OZworld (オズワールド) とは?おすすめ曲と経歴をご紹介!


高校生ラップ選手権に出場したことで大きく名をあげたOZworld。


OZworldは、なんと言っても音源が熱い!


今後、ワールドライドに活躍が期待されるラッパーのひとりですね。


今回はそんなOZworldについてご紹介します!

・OZworldとは?
・OZworldのおすすめ曲
・OZworldとは?:まとめ


を中心にご紹介します!

クリックで飛べる目次

OZworld(オズワールド)の経歴

引用:http://rqplus.jp/articles/rkuma

OZworldの基本的なプロフィールは以下の通り。

・名前 OZworld(オズワールド)
・本名 奥間玲央(おくまれお)

・年齢 22歳(1997年11月17日生まれ)
・出身 沖縄県嘉手納町


本名は奥間玲央で2018年にR’kuma(レオクマ)からOZworldに改名しました。


第9回高校生ラップ選手権への出場をきっかけに大きく注目を集め、その後は音楽制作やライブを中心に活動しています。


地元ではかなり人気で彼女がコロコロ変わる「モテ男」だったそうです!

OZworld(オズワールド)のタトゥーについて

OZworldはノリでタトゥーを入れるほどタトゥーが大好きです。


初めてのタトゥーは高校3年生の時で、組んだクルーの名前を腕に彫りました。


OZworldは昔から一貫して「South Side Style」ところのHIKARUさんの元で、見習いの時から彫っています。

ボブのアイコン画像ボブ

ファーストタトゥーを入れて2日で担任にばれたが、大丈夫だったそうです(笑)


OZworld(オズワールド)がラップを始めたきっかけは地元の先輩

OZworldの地元はヤンキーが多く、ストリートカルチャーが発展した町ではありませんでした。


しかし高校1年生の頃、高校3年生の先輩の影響を受けストリートファッションにどハマります。


そんな中で先輩ラッパーのLotusに連れて行ってもらったL-LINEというクラブで同世代のラッパーの存在を知り、HIPHOPに出会います。


先輩の「ラップやってみろ」という一言でリリックを書き始め、何にも分からないままラップをを始めます。

ボブのアイコン画像ボブ

始めて書いたリリックは「ぶち壊したい」から始まる曲だったそうです。


OZworld(オズワールド)のおすすめ曲

OZworld / NINOKUNI

OZworld‍‍の代表曲といえば、ファーストアルバム「OZWORLD」‍の収録曲「NINOKUNI feat. 唾奇」です。


同じ沖縄出身で、大活躍の唾奇とのコラボ曲ですが想像以上に上品な曲となりました。


素晴らしいフローに目が行きがちですが、完成度の高いリリックも注目所です。

OZworld / 畳 -Tatami

2018年2月18日にリリースした配信シングル「畳」はOZworldのデビュー曲です。


このシングルと同時にMCネームをR'kumaからOZworldに変更しました。


これまでの高校生ラップ選手権での活躍もあり、「バトルMC」のイメージが強かったOZworldですが、それを払拭するような強烈な曲となりました。


タイトルの「畳」にもインパクトがありますが、日本の文化である畳を取り入れたリリックと雰囲気が絶妙にマッチする一曲。

ボブのアイコン画像ボブ

何度も何度もリピートしてしまう中毒性抜群の曲です!


DJ JAM / - Betty boop feat. OZworld a.k.a. R'kuma

"音楽"と"服"をテーマにファッションブランドのX-LARGEとコラボした曲。


MVで登場するショルダーバックとミニブックはセットで実際に販売されています。


DJはYENTOWNに所属しANARCHYのバックDJもつとめているJAMと超豪華な共演となりました。


フローはもちろん、韻の落とし所もリリックも完璧な一曲で高い評価をています。


あの呂布やカルマもSNSやインタビューで「かっこいい」と褒めていました。

ボブのアイコン画像ボブ

とにかくかっこいい!まさしく「OZWORLD」ですね!


OZworld / Peter Son

こちらもファーストアルバム「OZWORLD」に収録された一曲です。


このアルバムを作る際に、独特なMVと曲調で「これがOZworldの世界です」というのを音で表したかったそうです。


MVもそうですが、完璧なフロートとリリックで完全に「OZWORLD」に吸い込まれていきます....

ボブのアイコン画像ボブ

聴けば聴くほど「OZWORLD」の世界観に連れ込まれる!


OZworld / あさがたのミートパスタ教

OZworldは「こんな曲を書きたい」と思って作ることはないそうです。


「あさがた」もそのひとつで「I luv ma brothers」というフレーズから広げていきました。


ゆったりなフローと面白いリリックで、これまた「OZWORLD」に引き込まれますね!

ボブのアイコン画像ボブ

ちなみにOZworldはパスタの中ではカルボナーラが好きで、ミートパスタは一番選ばないそうです(笑)


Rude-α feat.OZworld / CoCo ga Okinawa

Rude-αの「Rude-α feat.R'kuma CoCo ga Okinawa」は第9回高校生ラップ選手権以前に、OZworldの名を広めた曲です。


第6回高校生ラップ選手権で準優勝を果たした、Rude-αの楽曲ということで注目を集めました。

しかし、Rude-αのフローに劣らないOZworldのスキルの高さも注目されました。


この曲は2人でフリースタイルをする上で、Rude-αの「オーケストラ」というフレーズにOZworldが「ここが沖縄」と返したことでフックが完成しました。


そしてそのままフリースタイルで楽曲が完成したということです。


沖縄出身‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍の2人らしいゆったりとしたフローが聴きどころ!

ボブのアイコン画像ボブ

MVにはOZwrldの当時の彼女が写ってます...!


OZworld(オズワールド)とは?:まとめ

引用:http://www.vision-tokyo.com/artist/rkuma

OZworldは独特な独特な世界観とフローが魅力的なラッパーです。

アルバム【OZWORLD】をリリースして今後ますます期待ができそうです。

沖縄出身の唾奇と共にこの機会にぜひチェックしましょう!


関連記事 【隠れ名曲あり】SALU(サル)とは?おすすめ曲と経歴をご紹介!
関連記事 【沖縄発のラッパー】唾奇(つばき)とは?おすすめ曲と経歴を紹介!

コメント

コメントする

クリックで飛べる目次
閉じる