【無料登録期間中】7,000万曲以上が聴き放題! 対象か確認する

WILYWANK(ウィリーウォンカ)とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

WILYWANK(ウィリーウォンカ)とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

高校生ラップ選手権、ラップスタア誕生!での活躍後、一気に世間に名を広めたWILYWANK(ウィリーウォンカ)


ソロラッパーとしての活躍以外にも、ユニット変態紳士クラブでの活躍やANARCHYが立ち上げたレーベルONEPERCENTとの契約など、次々に活躍の場を広げています。


そこで、今回はWILYWANKについて

・WILYWANKとは?
・WILYWANKのおすすめ曲


を中心にご紹介いたします!

クリックで飛べる目次

WILYWANK(ウィリーウォンカ)とは?

WILYWANKの基本的なプロフィールは以下の通り。

・名前 WILYWANK(ウィリーウォンカ)
・本名 井上貴吉(いのうえたかよし)

・年齢 23歳(1997年3月26日生まれ)
・出身 大阪府堺市


元々「Taka」という名前で活動していたことから、本名が井上貴吉だということは高校生ラップ選手権に出場していた時のプロフィールに載っています。


家が自営業をしていたこともあり、割と裕福な家庭で育ちました。


小学生の頃に、母親がm-floのファンということもあり、ラップという認識がないままm-floの音楽を聴いていました。


母親とカラオケに行くと、一緒にラップをしていたこともありました。


また、小学4年生から6年生の間は、友達の影響でCHEHONなどのジャパレゲを聴いていて、小さい頃から音楽が身近にあったことが伺えます。

WILYWANKがラップを始めたきっかけ

中学生時代は周りの友達は流行りの音楽を聴いていましたが、ウィリーウォンカはスケボーをしていた影響もあり、HIPHOPを聴くようになります。


毎日のように梅田駅に友達と集合し、路上でスケボーをし、最終的にスケボーパークに行くという生活を送っていました。


ある日友達と買い物に行った際に、スタッフに渡されたフライヤーに書いてあった「HIDADDY from 韻踏合組合」をみて大阪、アメ村を拠点に活動する韻踏合組合に興味を持ちます。


その後はいろいろなラッパーの曲を聴き、HIPHOPにのめり込んでいきます。

WILYWANKに彼女はいる?

ルックスもイケメンでラップも上手くめちゃめちゃモテるであろうウィリーウォンカですが、彼女はいるのでしょうか?


スタッフとして働いていた一二三屋のインスタグラムで、「彼女無」と何度もいじられていたことから、長らく彼女はいないことが推測できます。


また、2019年9月20日にリリースされたアルバム「PAUSE」の収録曲「昼の6時 feat.鋼田テフロン」でも「可愛い彼女が欲しい うざいリア充にすぐなりたい」とラップしていました。


今のウィリーウォンカなら作ろうと思えば何人でも作れそうですね(笑)

WILYWANKのフェードカット

ラップを始めた当初はベースボールキャップやジェットキャップをよく被っていました。


しかし、ここ最近ではキャップを被ることがほとんどなくなり、「フェードカット」になっています。


今となっては「フェードカット=ウィリーウォンカ」となっていますね!

変態紳士クラブとしての活動

メンバーのウィリーウォンカビガーマンは同い年で、14歳の頃から行動を共にしているほど仲の良い友人です。


しかし、お互いを「アーティスト」としてみていた訳ではなく、あくまで「仲の良い友達」という関係でした。


ある日、ウィリーウォンカビガーマンの二人で一緒に一二三屋を訪れた際に、共通の先輩から「お前らずっと一緒に遊んでるんやから一緒に曲作ればええやん」と言われ、トラックを渡されました。


そのトラックを作ったのが今のメンバーであるGeGであり、トラックを聴いたノリでGeG‍‍のいる神戸に行き「一緒に作ってくれ」と直談し、楽曲「UGHHHHH」が完成しました。


そこから「変態紳士クラブ」としての活動が本格的にスタートします。


WILYWANKは逮捕されていた?

実力と努力で成り上がってきたWILYWANKですが、実は高校生ラップ選手権に出場していなかった頃、逮捕されていました。


HIPHOPにのめり込みいろいろな繋がりから、薬に手を出してしまったそうです。


その後、高校もやめてしまいどん底に落ちてしまいました。


しかし、そこで諦めず今では復帰し大活躍をしています、この意思の強さも今のウィリーウォンカのリリックに生きていますね。




WILYWANK(ウィリーウォンカ)のおすすめ曲

WILYWNKA - Take It Easy feat. 唾奇 

沖縄のラッパー唾奇を客演として迎えた「SACULA」の収録曲。


爽やかなトラックの上で「シコティッシュと残りかけのコーラ」から始まるダメ男全開のミュージックです。


下ネタ全開の曲ですが、ウィリーウォンカ「クソで最低な曲を唾奇と作りました」と語っていますが、軽快なトラックと軽いラップで嫌らしく聞こえません。


WILYWNKA - Rapper's Flow 

ANARCHYが設立したレーベル「ONEPERCENT」と契約をかわし、初めてリリースした曲が「Rapper's Flow」です。


「やる時がきた」というリリックからもHIPHOPへの愛と強い思いが感じられ、言葉ひとつひとつが胸に刺さる一曲。


WILYWNKA - PAUSE

こちらもウィリーウォンカ「ONEPERCENT」で出した楽曲。


テーマを「写真」としており、過去、現在、未来を写真で残そう、写そうというのをリリックにしています。


MVでは若者から御老人まで出演しており、感慨深い一曲となっております。

WILYWANK(ウィリーウォンカ)とは?:まとめ

ソロでの活躍はもちろん、レーベル「ONEPERCENT」としても大活躍


ルックスとラップスキル両方を兼ね備え、シーンの最前線を走るウィリーウォンカ。


今後も目が離せないラッパーのひとりです!気になった方はぜひチェックしてみてください(^^)


関連記事 【ラッパー】JAGGLA(ジャグラ)とは?おすすめ曲や経歴についてご紹介!
関連記事 【伝説】TOKONA-X(トコナエックス)とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

WILYWANK(ウィリーウォンカ)とは?おすすめ曲や経歴をご紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる